温浴施設開業支援(成立可否診断)

 ソフトとハードが一体化した開業プロデュース

ハイレベルな温浴事業の実現をサポート

  

■「温浴は誰がやっても成功するビジネス」という時代から、難易度の高いビジネスに変わった

 商業(流通・サービス業など)が全般的に苦戦する中でも、年々成長を続けてきたのが温浴業界です。その背景には、高齢化社会、癒しと健康志向の高まり、そして余暇時間の増大など様々な長期トレンドにに合致しており、デフレと消費低迷にあえぐ他の流通・サービス業種と比較すると、その成長性、有望性はかなり高いと言えるでしょう。

また温浴施設は「わざわざ行ってみたい」という目的性が高いため、一般的な商業施設開発と比較すると立地条件をそれほど選ばず、多少の問題を抱えた立地でも成立できる可能性を持っています。

結果として1980年代から2006年までの約20年間は、一般的な土地有効活用はもちろんのこと、大型複合開発の核施設として、あるいは大手企業からの新規事業参入、さらに住民福祉や地域振興を目的とした公共温浴施設の開発などが盛んになりました。フランチャイズビジネスをはじめとして、多店舗展開に取り組む企業も何社も登場しはじめました。これらによって、全国で毎年数百件ペースという温浴施設の新規開業が続きました。

当然のことながら、相次ぐ新規出店は競合環境の激化をもたらします。十年前ならば一部地域を除くと、古くからの銭湯以外は競合がほとんど無いに等しいという地域がたくさんあり、立地選定と施設づくりでよほど間違ったことをしなければ、「誰がやっても成功した」と言ってもいい時代でした。

しかし、現在はそうではありません。スーパー銭湯や公共温浴施設の急激な増加によって、それなりの人口が分布する地域ならば、全国どこを探しても温浴施設が無競合ということはもはやありえないのです。
既存店の売上が伸び悩み、新規出店ペースも鈍化したいま、温浴市場規模(入浴料)はこの10年間で約2割の縮小となっています。過去の手法や常識にとらわれたままでは、予想よりも2割低い売上しか確保できないということです。

もし売上が2割もダウンしたら、固定費の支出割合が高い温浴ビジネスの利益率は大幅に悪化します。当初考えていた投資回収年度や事業計画の実現は困難となるでしょう。

そうならないためにも、開業プロセスには慎重を期して取り組んでいただきたいと願っております。

kaihatsu1

■ 開業プロジェクトの進め方とポイント

(1)簡易調査で温浴施設開発の実現可能性を判断

(2)ソフト(マーケティング戦略、営業・運営方針)とハード(設計)の柔軟な相互調整

kaihatsu2

■温浴施設の成立可否診断とは?

・「温浴事業をやってみたいけど、ここで本当に成り立つんだろうか?」
・「どんなタイプ・規模の温浴施設をつくるのが一番いいんだろうか?」
・調査はしてみたいけど、まだ正式にやると決まったわけではないし、最初から大きな費用はかけられない…」

簡易調査で温浴事業の成立可能性を判定

温浴施設の開業には億単位の設備投資が必要となるため、事業計画も慎重に策定する必要があります。初めから本格的な事業計画を策定するよりも、まずは低コストで事業成立の可能性を確認することをおすすめしています。

成立可能性を判断するための要素は、①ロケーション ②アクセス ③マーケット ④競合 の4要素です。経験豊富なコンサルタントが立地診断を行い、簡易診断レポートをご提出いたします。
※本業務は、立地条件や想定されている開発プランによってはお受けできない場合があります。

温浴施設の成立可否診断
- CONTENTS -

・ロケーションの確認(規模、視認性、導入、周辺要素、借景、給排水、その他敷地条件全般のチェック)
・アクセスラインと商圏範囲の確認
・仮想移動時間による商圏(近隣・広域・観光)人口算出
・主要競合店の確認
・基本戦略と開発の方向性
・概算売上予測と事業性の検討

kaihyatsu3

調査実施要項

  • ・標準診断期間:1週間~1ヶ月(業務着手タイミングによって) 
  • ・診断費用一式:300,000円より(+税、交通費、調査施設入館料別途)
  • ※計画されている施設規模や業態によっては上記料金で実施できない場合があります。詳しくはお問合せ下さい。
  • ご予約は、メールによるお問合せ又は、03-3524-2681までお電話下さい。(平日10時~18時)
  • 日程調整の上、株式会社アクトパスのスタッフが現地調査に伺います。
  •  調査診断結果をレポーティングし、後日報告会を実施いたします。

 

 

 

メールによるお問合せ
〔お電話でのお問い合わせ: 03-3524-2681〕

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  • 今回は、株式会社アクトパスの経営セミナー開催のお知らせです。 ↓詳細はこちらにアクセス! https://goo.gl/FNfNt5 いま、サービス業全体が人手不足に悩まされており、運輸や建設、小売、飲食、介護など様々な業種間...

  •  ヤマトホールディングスが2017年度に1万人規模の人材を新規採用するとのニュースがあったかと思えば、ファミリーマートは2年間で10万人の主婦を採用する目標を掲げたそうです。 ヤマトは「従業員1人当たりの負担を和らげ働きやすい...

  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

Thursday the 29th. Joomla 2.5 templates.